河合 誠 弁護士

長崎支店 支店長
Nagasaki interview h1

困っている人を助けたい
いつも初心を忘れずに
誠心誠意、対応します

古くから貿易で栄えた港町であり、その歴史から独自の文化が育まれ、国際色豊かな雰囲気が色濃く残る長崎県。南西部に位置する長崎市は、グラバー園、長崎原爆資料館、平和公園などでも知られます。そんな文化と歴史があふれる町に支店を構える、アディーレ法律事務所・長崎支店。長崎電気軌道の西浜町電停や、長崎バスの浜の町バス停から、徒歩1分の場所にあり、お仕事帰りやお買い物の合間にお立ち寄りいただけます。長崎支店の支店長は、河合誠弁護士。ご相談を受ける際に心がけていることや、支店に寄せられるご相談内容などについて聞きました。

Qご相談を受ける際に心がけていること、弁護士としてのモットーは何ですか?

弁護士としてのモットーは、相談者の方が満足の行く結果を提供できるよう努力することです。そのために、当然のことではありますが、職務上必要な事実関係を漏らさずお聴きすることを心がけています。相談者の方にしてみれば、事件処理をするにあたって弁護士に伝える必要がある事実や情報が何かというのは、わからないことが多いです。そのため、私のほうから「これはどうですか?」「あれはどうですか?」と根掘り葉掘りお伺いする必要があります。

相談者の方は法的な紛争に巻き込まれてしまい、ご相談にいらっしゃるわけですから、自分にとって嫌な事実を話さなければならないこともあるかもしれません。ですが、最終的に満足の行く結果を出すためには、しっかりと事実関係をお聴きすることは大切です。そのため、「これを聞こう、あれを聞こう」と入念な準備をして臨むようにしております。

Q「弁護士になってよかった」と、仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?

1つの案件が無事に解決できたときに、やりがいを感じます。複雑な案件では、事件解決までに年単位の時間がかかることも多いため、無事に解決できたときには達成感を感じずにはいられません。

そして、依頼者の方から「アディーレに依頼して良かった」「河合先生に担当してもらってよかった」と仰っていただいたときには、「弁護士になってよかったな」と感じます。私はもともと、「困っている人を助けたい」という単純な気持ちから弁護士を目指すようになりました。ですが、実際に弁護士になってみると、仕事の大変さに参ってしまいそうなときもあったんです(笑)そんな私が頑張れているのも、依頼者の方からいただく生の感謝の声や、叱咤激励があるからこそだと思います。

Q長崎支店にはどのようなご相談内容、ご相談者の方が多い印象ですか?

長崎支店では、主に、債務整理のご相談をお受けしております。「完済した消費者金融からの借金について過払い金請求をしたい」、「失業して生活費が足りなくなってしまった」、「夫婦共働きでやっと生活していたが妻が妊娠して収入が減り借金をしてしまった」、「ギャンブルにはまってしまった」、「クレジットカードの限度額を自分の貯金のように思い込み、収入金額を超えた浪費をしてしまった」…など、借金の相談と一口に言っても、その内容や原因は十人十色です。

ただ、県民性もあるのか、「借金をしてしまった自分が悪い」、「借りたものはちゃんと返さなければならない」と1人抱え込んでしまう方が多いと感じます。ですが、借金の問題は法的に解決できることも多いため、1人で悩まず、ぜひお早めにご相談いただきたいですね。

Q弁護士、また、アディーレ法律事務所に相談・依頼すべき理由やメリットは何ですか?

アディーレ法律事務所は、全国の法律事務所と比較してもご相談・ご依頼の件数、案件の処理件数が非常に多いです。そのため、日々蓄積したノウハウを活かし、相談者の方にご満足いただける結果をご提供できると自負しております。

長崎支店は、浜の町の中心部にあり、アクセス抜群です。また、私は、NCCで土曜日の朝9時30分から放送されている『トコトンHappyサタデー』にも月1回出演しているので、ご覧いただければ、人柄もわかっていただけるのではないでしょうか。弁護士として厳しくしっかりと仕事はしますが、同時に相談しやすく、話しやすい雰囲気作りも心がけていますので、お気軽にご相談いただきたいです。

Qご相談・ご依頼いただいたお客さまとの間で、印象に残っているエピソードはありますか?

とある個人の方の自己破産の案件が、印象に残っています。借金額はかなり大きく、借金の内容や使いみちも悪質だと評価され、免責許可決定(借金の支払義務を免除するという裁判所の決定)がもらえないかもしれないと危惧していました。そこで、依頼者の方の反省の気持ちを裁判所に理解してもらえるよう、依頼者の方と何度も何度も打ち合わせを重ねました。そして、今まで借金を重ねてしまった経緯や、これからどのように生活を変えていくのかについても深く考え、裁判所に提出する書類を作りました。

その結果、裁判所側に依頼者の方の気持ちを理解してもらうことができ、免責許可決定をいただくことができたのです。最後には、依頼者の方から「河合先生に相談していなければ、また借金をしていたかもしれません。今後は前向きに生活していこうという気持ちになりました。すべて先生のおかげです」と感謝の言葉をいただいたことを鮮明に覚えています。借金の原因がギャンブルや浪費である場合、職務上反省を促し、説教じみたことも言わなければなりません。ですが、そのなかでも、依頼者の方の気持ちに寄り添うということの大切さを再確認することができた嬉しい出来事でした。

Q弁護士への相談・依頼を迷っている方へ向けて、メッセージをお願いいたします。

今まさに、「相談してみようかな」と迷っている方がいらっしゃれば、迷っている時間がもったいないです!アディーレなら、多くの取扱いサービスに関して、何度でも無料でご相談いただけますから、まずは相談をしてみましょう!

そして、実際に弁護士に依頼しようか迷っているのであれば、自分自身で解決できない問題を抱えている証拠です。私たちアディーレ法律事務所は、そんな皆さまのお悩みを解決するために、法律の知識を駆使して全面バックアップします!弁護士はあなたの味方ですから、勇気を出して一歩踏み出してみてください。あとは私たちアディーレ法律事務所が、しっかりとご対応いたします。明るい未来に向かって、私たちと一緒に、最初の一歩を踏み出してみませんか?困ったことがありましたら、ご相談をお待ちしております。